駐車場経営 維持費

駐車場経営の維持費はどれ位になるのか?

駐車場経営を行う時には、様々な維持費用が生じる事だけは間違いありません。それで維持費は、主に3種類があるのです。そして具体的にどれ位の費用になるかも、物件の規模などに左右されると考えて良いでしょう。

 

 

 

 

 

まずメンテナンスに関する料金が挙げられます。そもそも駐車場には、様々な機器が設置されているでしょう。やや大きめのゲートが設置されている物件もあれば、もちろん自動販売機のような機械も設置されているのです。

 

 

 

 

 

当然それらの機会は、定期的にメンテナンスを行う必要があります。いわゆる野ざらし状態になっている訳ですから、放置していると様々な問題点が生じるでしょう。ですから時には、メンテナンスや点検作業などを行う事になります。それで維持費が生じる訳です。

 

 

 

 

 

他にもあります。そもそも駐車場物件は、それなりに照度も高めになっています。駐車場が真っ暗な状態では、色々と安全面に関する問題が生じるでしょう。
また駐車場によっては、特殊なカメラなどが設置されています。万が一の問題があると大変ですから、監視カメラが設置されている事も多いでしょう。

 

 

 

 

 

それら照明機器やカメラなどを使い続ける為には、もちろん光熱費を払っていく事になるのです。当然それも、維持費の1つに該当します。
それと様々な顧客対応に関する費用です。

 

 

 

 

そもそも駐車場物件に対しては、電話などが設置されている事も多いのです。万が一の時には、利用者が担当者に電話をする事もあります。その際のサポート費用なども負担する事になるでしょう。

 

 

 

 

 

また駐車場物件によっては、警備員が配置されている事もあります。もちろんガードマンに対する人件費なども必要になるでしょう。
つまり駐車場経営を行う場合は、メンテナンス料と光熱費と顧客対応費用という3種類の料金が発生する訳です。

 

 

 

 

 

それがどれ位になるかは、やはり面積次第でしょう。広い面積になれば、それだけ駐車場経営の維持費も高めになってくる訳です。ですから維持費が何円位になるかは、それこそ状況次第と言えます。

 

 

 

 

駐車場経営|頭金や維持費についてのTOPページへ戻る

下記の「タウンライフ土地活用」では無料で、各建築会社の駐車場費用総額表や収支計画書が無料でもらえます。

これから始める方に必要な資料がすべてもらえますのでお勧めです♪