駐車場経営 固定資産税

駐車場経営にしたとき固定資産税はどうなる

目的もなく寝かしている土地がある場合、固定資産税だけかかってしまうので大変もったいないです。空いている土地がある場合におすすめのは何かに活用する事です。実は建築物がない土地は建物が建っている土地に比べて6倍も固定資産税が上がるといわれています。

 

 

 

 

ですが、駐車場経営をすれば収入が入ってくるので、固定資産税が出て行くばかりではありません。また、駐車場経営はアパート経営に比べて建築費もかかりませんし、維持費として修繕費なども必要がありません。他の経営に比べてノーリスクノーリターンで行なえるので経営をしたことがない人にもおすすめです。

 

 

 

 

 

ですが、空き地があるなら何でも駐車場にしてしまうのも少し考え物です。何故なら周りに家があったり車がたくさん走るような環境でなければ誰も借りてはくれないからです。例えば、周りが畑や田んぼばかりで家が建っていないところを駐車場経営にしてしまっても利用者が見つからず赤字になってしまうからです。

 

 

 

 

また、田舎のほうで土地が広ければ自分の家に広い土地があるためわざわざ借りる必要もないでしょう。また、車が生活必需品ではない都市部は、車離れが始まっているので税金を考えると赤字になってしまうということが少なくありません。

 

 

 

 

ですので、土地が空いていたら何でもかんでも駐車場経営しても利用者が見つからない可能性はあるということです。そのことも踏まえて駐車場経営をするか考えたら良いでしょう。ですが、もし、借り手の見込みがある場合は駐車場経営は様々な活用方法にかえられるのでとてもおすすめです。

 

 

 

 

 

例えば、将来子供に住まわせる土地などにも出来ますし、出来るだけとっておきたいという人も駐車場経営なら可能です。万が一経営をやめるとしても建物のように解体する必要もないので、何かあってもとても便利です。

 

 

 

 

 

このように、更地のままほかってある土地があるなら固定資産税がかかってしまいもったいないので、駐車場経営をして一定の収入を得ると良いでしょう。空いている土地がある場合は一度考えてみてくださいね。

 

 

 

駐車場経営|頭金や維持費についてのTOPページへ戻る

下記の「タウンライフ土地活用」では無料で、各建築会社の駐車場費用総額表や収支計画書が無料でもらえます。

これから始める方に必要な資料がすべてもらえますのでお勧めです♪