駐車場経営 農地

農地で駐車場経営するには?

農地として活用した場合、その土地を売却するときや貸したりする場合は、その相手は農地として限定されます。農地としてそのまま活用するのであれば何の問題もないのですが、農地以外で活用する場合は転用許可が必要で場合によっては許可されない場合もあります。

 

 

 

 

 

では、農家として活用しか出来ないのかといわれればそうではなく、許可が下りる場合があるので確認する必要があります。では、農地転用後にどのような活用法が出来るかというと、アパート、マンション、駐車場、太陽光発電、介護施設、資材置き場などが一般的です。

 

 

 

 

 

空いている農地でおすすめなのが駐車場経営をすることです。駐車場経営の方が固定資産税も変わりませんし、毎月一定の収入が入ってくるので周りに駐車場を経営しているところがあれば積極的に駐車場にする事をおすすめします。

 

 

 

 

 

農地という事は更地なのでマンションやアパートを建てるのも資金がかかりますし、太陽光もパネル自体が高額です。農地を転用するときに一番お金がかからなくておすすめなのは駐車場経営なので是非、おすすめします。

 

 

 

 

 

では、駐車場経営のメリットは初期投資ゼロから始められるので万が一上手くいかなくてもそこまでリスクは少ないです。また、狭い土地や変形地だとしても可能ですし、もし、上手くいかなくてもすぐに更地に戻し違う使い方をすることも可能です。反対にデメリットは万が一収入が得られなかった場合はマイナスになるので少なからずともリスクはあるということです。

 

 

 

 

 

 

このように、農地から駐車場経営をすることは可能になっています。しかし、中には許可が下りなくて転用が出来ない可能性もあるのできちんと確認しましょう。もし、農地の使い道がなく、あまっていたら是非、駐車場経営をおすすめします。

 

 

 

 

 

駐車場経営ならメンテナンスもそこまで必要なので知識が少なくても、高齢の方でも利用する事が可能です。土地活用は色々な方法がありますが、比較的リスクが少なく、資金も必要がないので積極的に利用しましょう。

 

 

 

駐車場経営|頭金や維持費についてのTOPページへ戻る

下記の「タウンライフ土地活用」では無料で、各建築会社の駐車場費用総額表や収支計画書が無料でもらえます。

これから始める方に必要な資料がすべてもらえますのでお勧めです♪