駐車場経営 節税

駐車場経営において節税が期待出来ない理由

元々、その駐車場経営においては、節税がやりにくいなどといったような課題があり、その主な原因といったものが、税制上においての優遇措置の不存在自体にあるものといえます。

 

 

 

 

 

 

しかしこれにはきちんとした理由があり、平面駐車場などの場合には立体駐車場などのような建物としての借地借家法などでの対象物ではありませんので、事業上での自由性がある分、活用のニーズが多彩であり、その分法律上、減価償却費がありませんので支出を伴わない必要費が少なく、それゆえに所得税も課税をされる範囲が大きくなるという点があります。また、この点は立体駐車場の場合でも同じであり、減価償却費が少ないので、平面の場合と同じといえます。

 

 

 

 

 

 

このような事などから、一見すると、節税面においてはデメリットばかりがあるような感じもさせられたりするようなところもあったりします。しかし、決して今まで話してきたようなばかりの事だけではなく、メリットがある面も確かに存在しています。今からこの事について触れてみます。

 

 

 

 

 

 

駐車場自体は借地借家法などの対象外であり、事前通告のみで利用者を立ち退かせたりする事が法律上可能になっています。このため、その駐車場の経営権や物件本体、あるいはそれ自体に一体化させた造作物などをも、相続税支払いにおいての物納や、平面駐車場での場合の敷地内においての用途範囲を別の事業運営に配分してその範囲を減らしていくといったような感じで所得税課税枠を減少させていくという工夫も可能ですので、決してデメリットばかりではない事がわかります。

 

 

 

 

 

 

以上のように、駐車場経営においては節税面においてのメリット・デメリットそれぞれの両方がある事がわかりますが、それらのどちらかというと、やはり後者の方へ比重があるような感じですので、この点について、ようく留意をしておく必要があるかもしれません。

 

 

 

 

また、駐車場経営そのものも、リース会社や仲介事業者などを入れたりした場合、法制度整備などで内容が変わり、節税面においての影響も有り得ますので、この点も注意が必要です。

 

 

 

関連ホームページ:駐車場経営|初期費用・税金・利回りを出すポイント

下記の「タウンライフ土地活用」では無料で、各建築会社の駐車場費用総額表や収支計画書が無料でもらえます。

これから始める方に必要な資料がすべてもらえますのでお勧めです♪